なんのためにブログはじめたんだっけ。仕切り直しの途中経過。

こんにちは、ススです。

ここ1ヶ月お休みだったので、高知県へ旅行にいったり、平日の昼から一人で桜を見ながらビール飲んだり、1日中マンガ読んでみたり、映画みて過ごしたり、ダラダラ生活を満喫しておりました。元来グズなので、社会貢献できてないことについては大した罪悪感もなく全然へっちゃら。はっはっはっ。

 

とはいえ、生きていかないといけないし、このままグズっているわけにもいかないので、いちおう就職活動しました。んで、無事に新しいお仕事が決定。次のお仕事は、地元のお茶農家さんでのお手伝いです。うふふ。

 

さて、時間は有り余ってたはずなのに、ブログは全く更新しませんでした。毎日書くのが目標だったのに、ほど遠い有り様です。

正直、なんのために書いてて、誰のためにかいているのか、わからなくなってしまいました。

いまある記事が、だいたい30本くらいかな。どっかの誰かのマネして、それっぽく書いてみようとしたり、日記的なものを書いたりしてたけど、本当はどうしたかったのか。

 

わたし自身を振り返ってみれば、ここ半年くらいトラブルが続いて、ネガティブモードだったんだよね。だからこそ、自分を振り返りたくてブログはじめたんだ。

 

いろいろあったけど、これからどう生きるのか。

いま前に進むタイミングがきていると思う。ブログについても作戦立て直そう。

 

日々これ精進ですな。

これからの生活について考えよう

こんにちは。ススです。

思いがけず退職し、一週間と少しが経ちました。たった一週間ですが、会社に行かない日々は結構長く感じます。

 

さて、これから考えないといけなことを備忘録としてまとめて置こうと思います。

 

デイリーの基本スケジュールを作る

予定がないと、どうしてもグズグズ惰眠を貪ってしまい、やろうと思っていたことの半分くらいしかやらないまま1日が終わってしまいます。これではせっかくのフリータイムがもったいないので、ある程度のスケジュールは立てないといけないですね。

ブログの成長

最近全然かいてないけど成長させる予定。そのために勉強すべきことや、準備すべきことがたくさんありそうで、いまはアップアップしてる最中。本当はアップアップしながらでも、毎日書かないといけないんだろうけど、ムラっけがでちゃって反省です。

これもデイリーのスケジュール管理で直していきたいなぁ。

 

お金の整理

わたしも夫もサラリーマン夫婦に生まれ、自分もサラリー(給与)をもらって働く生活をしていたので、驚くほど税金とかお金に関してうといんですよね。これから、サラリーマンより、もうすこし自由に暮らしたいなーと思うなら、お金のお勉強は必須なので、いま焦って学んでます。

 

移住と住宅の売却

じつは今月末、夫が連休とれたので、移住先を決めるための旅行にいけることになりました。わたし自身は、あんまり旅行しない生活を送ってきていたので、地方に行けること、それ自体がうれしいし、「もしかして住むかも」っていう視点をもっての滞在は初体験。準備も含めて満喫してます。

んで、並行して考えないといけないのが住宅の売却問題。これは訪問査定後、一時停滞中なんですよね。もう少し、先行きが見えないと不安で動きづらいっていうのが大きな理由なんだけど、こんなことじゃいけないな。今後の目標とスケジュール、しっかり立てて、身軽に動ける準備を進めたいと思います。

 

今後のわたしの収入源に

これも、移住計画がどうなるか次第ってところはあるんだけど。とりあえず5月からは完全無収入になっちゃうから、その前に何かしらで稼ぐ手立てはたてないと。本当はサラリーで働くことも含めて、3つくらいの収入源が確保できるといいんだけど。それには、生産性あげないといかんね。

 

こんなところでしょうか。

考えてるだけじゃいかんので、地に足つけて、しっかり生きよう。 

いままでの二度寝は、強迫観念に駆られての行動だったと気づいたある朝

こんにちは、ススです。

ここ数日、有給消化中でお仕事に行かない生活を送っています。

 

不思議なもので、出勤しないといけないと思うと、せっかく早く起きても「寝ないと日中眠くなっちゃう」とある種の強迫観念のように二度寝を貪っていたわけなんですが、いまは日中にこなさないといけないプレッシャーのかかるタスクがないわけで、気楽に早起きできちゃいます。

 

朝はいいですね。どこも空いてる。
今日は朝のジョナサンに出向いてみたわけなんですが、なんと各テーブルに読売新聞がおいてあるじゃないですか。新聞みたいな大きい紙面は必要な情報がいっぺんに目に飛び込んでくるので、快適ですなー。ちっちゃなスマホで、セコセコ情報するのが当たり前になってますが、いやー、新聞のほうがスケール大きなこと考えられそうですよ。

 

日の出とともに起きて、日が沈んだら休む。
本来、冬と夏で活動時間が違うのは、当たり前の自然の摂理です。
自然の摂理を大切にしながら生きていくには、どうしたらいいんだろうね。
探してます。

マーケット感覚を鍛えよう。埼玉県狭山市の「ふるさと納税」の事例について。

こんにちは、ススです。

前回の記事で、ちきりんさんの『マーケット感覚を身につけよう---「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法』を紹介しました。

せっかくお勉強したので、マーケット感覚が光る事例をひとつご紹介。

 

我が地元、埼玉県狭山市が実際に行った「ふるさと納税」返礼品の紹介です。

埼玉県狭山市とお隣の入間市にまたがって、航空自衛隊の基地「入間基地」が広がっています。日常的にジャンボジェットとは違う飛行機が、家の上、学校の上を飛び交うのは日常の光景で、多少の騒音は当たり前の生活環境で育ちました。

そういえば、いまは地デジになって関係ないけど、昔はNHKと教育テレビがちゃんと映らなかったな。

 

そんな「入間基地」ですが、毎年11月3日の文化の日に一大イベント「航空祭」が開催されます。当日の目玉はなんといってもブルーインパルスの曲芸飛行です。これを目当てに、普段はひとの降りない西武池袋線の超ローカル駅「稲荷山公園駅」に大量のひとが押し寄せるわけですよ。

 

ブルーインパルの曲芸飛行って、当日解放される基地内で、真下から見られれば、それはそれは迫力満点ですごいんだけど、当日の基地内ってすごい混雑なんです。

なので地元民にとっては、ひらけた見やすいところを探して空を見上げるっているのが一般的。それに注目したのが、わが狭山市役所でした。

 

なんと、ふるさと納税の返礼品に「入間航空祭での観覧席」を加えたの。それも市役所屋上に椅子を並べるっていうコストのかからなさ!

狭山市役所って入間基地の敷地の隣にあるんです。道路挟んで向かい側。だから、セレモニーが行われる中心からは少し離れるけど、相当近いところから見られるし、付近にほかに高い建物もないから、屋上まで上がれば、かなりひらけてみえるはず。

さらにね、狭山市役所の屋上は2段構えの階段みたいになってるから、納税額も2種類に差別化して、高額納税者に高いほうを提供するっている徹底ぶり。すごくない?

 

このアイデアひらめいた担当者に是非お会いしたいなぁと感じます。実際、150席すべて、あっというまに完売(っていうのかな?)だったみたい。

 

我が地元ながら、ナイスアイデア

こういうアイデアマンが行政の組織にいるって誇らしいなぁ。

 

Foton Aircraft Photo Stories 022 航空自衛隊航空祭 入間 2016 -JASDF Iruma Airshow 2016-

Foton Aircraft Photo Stories 022 航空自衛隊航空祭 入間 2016 -JASDF Iruma Airshow 2016-

 

 

まっぷる 埼玉 川越・秩父・鉄道博物館 '17 (まっぷるマガジン)

まっぷる 埼玉 川越・秩父・鉄道博物館 '17 (まっぷるマガジン)

 

 

このマンガがすごい! comics 翔んで埼玉 (Konomanga ga Sugoi!COMICS)
 

 

ちきりんの『マーケット感覚を身につけよう』を読んだよ。

こんにちは。ススです。

今日も本の紹介です。わたしは、わりと読書家なんです。

 

『マーケット感覚を身につけよう』は、社会派ブロガーちきりんさんの書著で、初版が2015年2月になります。どうやら、ハーバード・ビジネス・レビュー読者が選ぶベスト経営書 2015 の9位 に選出されたり、ビジネス書大賞 2016 にノミネートされたりで、書籍としての注目度も高かったみたい。

 

ちきりんさんと言えば、お面をかぶって活動する超有名ブロガーで、わたしにとっては、だれでも考えを発信できる「ブログ」を最初に意識させてくれた人であり、あこがれの存在。

 

彼女の提供する価値観は常に納得感があって、同意できる・できないに関わらず、いつも刺激的。やや過激に感じることもあるけど、その結論にたどり着いた道筋がはっきり説明されているから、わたしも考えようっていう気持ちにさせるんだよなぁ。わたしも、ああいうプレゼンができるようになりたいと本当に思います。

 

以前、ちきりんさんの自己紹介的なページを見たとき「資本主義が好き」と明記されていて、おどろいたのを覚えています。そんな自己紹介ってあるんだ!って。(今回改めてページを探したけど、見つからなかった。)
それだけ強く自分の思想の方向性を意識できるって、相当に考えこんでないとだめじゃない?それをブログで不特定多数のひとに発信できるってすごいことだと思いませんか?

 

と、ちきりんさんの大絶賛に話がそれてしまいました。

 

今回読んだ『マーケット感覚を身につけよう』で紹介されているのは、端的にいうと「新しい価値の見つけ方」かな。世間にもやもやと渦巻いているニーズを見つけ出して、商品に変えられる感覚を「マーケット感覚」と名付けて、それを鍛えていきましょうって内容でした。

 

最近のちきりんのTweetにわかりやすい例があったので紹介しますね。


どうでしょうか?


わたしもAmazonのへヴィーユーザーなので、配達の方の手間を考えると本当に申し訳なくて。うちは宅配ボックスあるから、まだいい方だと思うのよ。それでも「水」「米」「塩」など重量のあるものは、持ち帰っていただくこともしばしば。
本当は、注文のときに指定できれば一番なんだけど、どうやら一回不在票が入らないとダメなんだよね。

もしかしたら、メール見張っといて、配送の番号が出た時点でクロネコヤマトのメンバーサイトから速攻時間指定すれば間に合うのかもしれないけど、日中仕事してたらそんなにプライベートメールを見張ってもいられないわけで。

 

現代人にとって最大の価値は「時間」って、納得できると思いませんか?

わたしも、自分の価値とマーケットのニーズ、飽きずに考え続けたいと思います。

 

そんじゃーね!

 

 

こちらも超オススメ!

自分のアタマで考えよう

自分のアタマで考えよう

 

 

 

未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる

未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる

 

 

 

「がんばる」と「あきらめる」に隠された真実

こんにちは、ススです。

今回は最近よんだ本から印象的だった内容をご紹介。

 

みなさんは「がんばる」と「あきらめる」ということばにどのような印象をもたれていますか?わたしは「がんばる」のはポジティブでいいこと、「あきらめる」はネガティブで悪いこと、と思い込んで生きてきました。例のバスケ漫画で有名な安西先生も「あきらめたらそこで試合終了です」って言ってたし。

 

でもね。最近よんだ本にこんなことが書いてありました。

 

がんばるな、あきらめよう

 「あきらめる」という言葉は、「やりかけたことを途中で投げ出す」というような否定的なイメージでとらえられがちですが、もともとは「明らむ」、つまり、「物ごとの道理、真理を明らかにすること」という意味でした。
 苦しみから逃れようともがくのではなく、「苦しいことは苦しい、悲しいことは悲しい」と、ありのままの現実を受け入れる勇気をもち、迷いを払拭することが、「あきらめる」ということです。

(中略)

 「どうにもならないこと」を何とかしようと、もがき苦しむのはよくありません。
 何とかなることはすればよいのですが、どうがんばっても、どうにもならないこともあります。また、がんばることが幸せにつながるとはかぎりません。
 つらいときは「がんばる」よりも「あきらめる」のです。

ちなみに「がんばる」という言葉のもともとの意味は、「我を張って、強引に自分の意見を押し通すこと」です。

(中略)

 「がんばる」とは、すなわち、他人のことなど考えず、自分だけが得するために行動することです。
がんばったために、本当に大切なことを見落とし、かえって不幸になってしまった人のなんと多いことでしょう。

(中略)

 「苦労のための苦労」には、まったく意味がありません。
 「あきらめる」ことで、視野は大きく広がるはずです。

 

いかがでしょうか。わたしにとっては、大きな価値観の転換でした。

 

 

「がんばる」とは、すなわち、他人のことなど考えず、自分だけが得するために行動することです。

 

たしかにね、「がんばっている」ときって、本人はとっても気持ちがいいんですよ。マゾヒスト的な陶酔感を得られます。「あきらめる」自分を受け入れるより、「がんばって」無理するほうが、よっぽど簡単。だれでも思い当たることあるんじゃないかな。

 

「がんばって」どうにかなるのか、「あきらめる」のか、判断するのは人それぞれで、そこで生じる摩擦はあるでしょう。その摩擦を埋めるために「がんばる」のか、それとも「あきらめる」のか。それも含めて「がんばる」ことがすべてじゃない。

 

この価値観を自分の中に取り込んでおくだけで、人生ちょっと生きやすくなりそうじゃない?これからの時代は「がんばる」よりも「あきらめる」です。

 

明日に向かって「あきらめ」よう。

 

こころのおそうじ。 (だいわ文庫)

こころのおそうじ。 (だいわ文庫)

 

 

こちらもおすすめ。

未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる

未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる

 

 

やっぱり「はてな」でブログを続けよう。

こんにちは。ススです。

 

前回の記事Wixでブログを作成中とお知らせしましたが、結局はてなに戻ってきました。

 

やっぱり重いよ

以前も書きましたが、何をするにも動作がもっさりしていて、しんどくなってしまいました。使いはじめれば慣れるかなーと思ったのですが、せっかちな性格も災いして我慢できず。おしゃれなんだけどね。本当に。

 

「書くこと」が後回しに

わたしはWEBデザインがしたいんじゃなくて、文章を書きたいんだってこと思い出しました。なかなか書けない状態は本末転倒。なんかもう「書く」ことに関していえば、やっぱり「はてな」ですよ。いや、ほか使ったことないけどね。これでストレスないんだもん。

 

以外とできる?デザイン変更

とはいえデザインに関して全然カスタマイズできないのもおもろくないかなーと思ってはいます。でも探してみると、はてなでもできることもあるね。こちらなんかかなり親切です。

tsukuruiroiro.hatenablog.com

 

デザインのカスタマイズは、これからゆっくり勉強したいと思います。思いがけず、時間に余裕はできたので。※詳しくはこちら