風邪ひいちまった。何食べよ。

季節の変わり目、寒い日が増えるこの時期は、ちょっと油断すると体調崩しますね。 今回のわたしの風邪の原因は、おそらく夜の薄着。ええ、反省してますとも。 ひいちまったのは仕方がないですが、なるべく苦しまずに生活したいし、できれば薬も飲みたくない…

みちしるべにしたい詩。

祝婚歌 著・吉野弘 二人が睦まじくいるためには 愚かでいるほうがいい 立派すぎないほうがいい 立派すぎることは 長持ちしないことだと気付いているほうがいい 完璧をめざさないほうがいい 完璧なんて不自然なことだと うそぶいているほうがいい 二人のうち…

すべての酒飲みに捧ぐ。

宿醉の朝に 著・萩原朔太郎 泥醉の翌朝に於けるしらじらしい悔恨は、 病んで舌をたれた犬のやうで、 魂の最も痛痛しいところに嚙みついてくる。 夜に於ての恥かしいこと、 醜態を極めたこと、 みさげはてたること、 野卑と愚劣との外の何物でもないやうな記…