35歳・人生計画立て直しの真っ最中。牛飼い&野菜農家を目指す。

 

こんにちは。ススです。

わたくし先日めでたく35歳の誕生日を迎えました。「年齢を3で割ると人生の時間になるんだよー」なんてよく聞きますが、それでいうと35歳は11時半ちょっとすぎ。そろそろ午前中が終わりそうです。

会社勤めだったときの経験では、11時半ともなると今日の仕事の巻き返しは結構しんどいですが、まだ午後の踏ん張りでギリギリ巻き返せる時間帯。いまのうちに午後の計画ちゃんと立てて、お昼ごはんしっかり食べてエネルギーチャージして、そんで午後しっかり集中して働けば、どうにか常識的な時間で帰れるんじゃないか・・・っていう感じですかね。

そんなギリギリの年齢ではありますが、最近の我が家は、まさに人生計画立て直しの真っ最中。目下の大プロジェクトは「転職」と「引っ越し」です。

わたしたちはいま「夫は牛飼い・わたしは野菜農家」という自分でいうのもアレですが、結構なビックプランを目標にかかげて転職活動しています。夫もわたしも親の代からサラリーマンで一次産業は全くの未経験。牛飼いだけ、野菜農家だけでも大変なのに、二本立てとは大馬鹿なのか?といわれそうではありますが本気です。

もともとは、ざっくりした移住計画が最初でした。移住先での仕事については、なんとなく「移住するなら会社勤めじゃなくて、一次産業やりたいなー」くらい。でも2人とも未経験で技術なし、そのうえ浪費家で貯金なし、なのに住宅ローンで借金あり、と全然明るい未来がみえてきませんでしたが、それでも選べる選択肢を探して、セミナーやフェアに参加してみたり、各自治体が行っている職業体験に参加していました。

そんな中で、お給料もらいながら独立に向けての技術習得のための研修をさせてくれるという、なんともラッキーな勤め先に出会うことができました。移住先としてはマークしてたエリアではなかったので、本当に偶然の出会いで、こまめに足を運んでセミナーやフェアに行ってみてよかったと切に感じています。

現時点では、「牛飼い」と「野菜農家」という夫婦別々の経営体での独立に向けて、雇用する側も、雇用されるわたしたち側も、納得のうえで先に進んでいけるよう最終調整している段階です。だから場合によっては全て白紙、という結果もあるかもしれない。

本当は全て決まってからブログにアップしようかとも思ったんだけど、たとえ今回の件が白紙になっても、いま考えて経験していることって無駄じゃないし、いまの温度感を文章にしておくことって大切かな、と考え直して途中経過をアップすることにしました。この先どう転ぶかわからないけど、どうか見守ってやってください。